実際の推薦入試の制限時間内(90分)に英語の課題文を読み、
小論文を書く予備校の授業は緊張感があり、入試で実力発揮でき合格!!

10人目
合格大学
奈良県立医科大学(看護)
学歴
畝傍高校3年
名前
木内涼葉さん

私は高校1年生から奈良県立医科看護学科を志望していました。

母の勧めで高校3年の春から予備校に入塾し4教科を基礎から教えて頂きました。

奈良県立医科大学の推薦入試は英語の課題文を読み小論文を書く形式でした。英文を読み間違えると題意に沿った小論文が書けないので英文読解を必死に勉強しました。英語に苦手意識はなかったのですが制限時間内に英語を読み小論文を書くことに非常に苦労しました。

制限時間内に英文解釈をする授業や先生が毎回配布の英字新聞は非常に役に立ちました。特に奈良県立医科大学の実際の推薦入試の制限時間内(90分)に英文の課題文を解き小論文を書く予備校の授業は緊張感があり非常に役立ちました。その授業のおかげで入試本番で実力を出し切れたと思います。

また英語も現代文の授業でも多くの過去問や時事問題を解き、毎週ほど小論文を書き丁寧な添削指導をして頂きました。評価が悪い時は落ち込みましたが褒められるとうれしく最後まで諦めずに頑張りました。志望校が同じ予備校での同級生がたくさん小論文を提出したり自習室で頑張っている姿を見て自分も頑張ろうと思いました。

私一人の力ではこの合格を掴み取れなかったと思います。熱心で親切な超熟練の先生方や同じ仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

inquiry
scroll-to-top